ホワイトキー/【体験談】ハイステータス限定

ハイステータス限定の婚活パーティー体験談

プロフィール

名前:マヤ / 年齢:29歳 / 職業:看護師 / 婚活歴:半年
理想の男性像:優しい方、お出かけ好きの人

 


 

ホワイトキーの魅力

ホワイトキーの魅力は、必ず連絡先を渡せるところです。もちろん複数人からアプローチカードを貰う事もあり、それだけチャンスが大きいなと思いました。他のパーティーではカップルになれなきゃ連絡先の交換すらできないパーティーもありましたから。

 

 

ハイステータス限定パーティー

これは本当に興味本位です。ハイステ男性ってどんな人たちなんだろうと思って。仕事柄、医師の方と出会う機会はありますが、弁護士や公務員、会社経営、研究職などの人とお話ししてみたいなと思っていました。自分もそこそこに収入がありますので、自分よりも収入が低い男性とお付き合いするといろいろと面倒な事があることを理解しているので、そういった理由もありました。

 

 

婚活パーティーに参加を決めた理由は?
婚活を始めた理由「20代のうちに婚約をしたい」

看護師という職業柄、異性との出会いが少なく悩んでいました。1年半ほど前に、3年付き合っていた彼と別れました。理由は、喧嘩が増え会う頻度もかなり減り、すれ違いの日々が続いてしまい、結婚を考えられなくなって…。それからは暫く恋愛はお休みしようと思っていましたが、30歳手間になりさすがに焦りを感じ始め、半年前から婚活を始めました。

 

ホワイトキーを選んだ理由

婚活を始めたばかりのころ友達に誘われて、ホワイトキーの婚活パーティーに参加しました。その時はまだ右も左もわからず、パーティーってこんなものか。と思うだけでした。婚活歴が長くなりいろいろなお見合いパーティーに参加して、比較対象ができた時に「そういえば、ホワイトキーのパーティーは結構楽しかったし良かったな」とふと思い出し、もう一度参加しようと思いました。

 

 

>>婚活パーティーに参加する前にホワイトキーの特徴を確認

ハイステータス限定パーティー参加してみた感想

当日は少しだけフォーマルでお洒落な格好をしていきました。できるだけ上品に見えるように振る舞ったおかげか、4人からアプローチカードを貰えました。参加の男性は確かにハイステータスで年収が700万、800万という方が多かったです。自己申告ですので、真実は分かりませんが、話す限りはウソをつかなさそうな、しっかりしている男性でした。

 

流れとしては、初めは1:1で自己紹介をしていきます。仕事や趣味の話がメインで、相手との話しやすさやフィーリングを確かめるようなイメージですね。この時は周りの話も聞こえてしまうので、集中力が必要でした。自己紹介タイムが終わるとアプローチカードを記入してから、フリータイムに入りました。ドリンクがもらえてほっと一息つくことができました。結構のどが渇いていたので嬉しかったですね、男性から「飲み物大丈夫ですか?」気にかけてもらったり、会話のきっかけにもなりました。

 

フリータイムに入ると緊張していた雰囲気も大分和らいでいました。私は中間カードで3人の方から指名を頂いていたので、2回ともすぐに話しかけてもらえました。一人は医者の方でしかも私が研修に行ったことがある病院だったので、「世間は狭いね」なんて話をしました。カップル発表は封筒の中にカードが入っていればカップルになれた印という感じで、ちょっとドキドキしましたね。でも、今回は残念。両想いにはなれなかったです。でも、連絡先を渡した人からメールを貰えて、今何回かやり取りをしています。ホワイトキーの婚活パーティーは、他のパーティーよりもわりと出会える確率が高い気がします。

 

 

>>プロフィールカードの書き方が分からない方はこちら